;

【閲覧注意】豊胸手術の”メンテナンス”を見る勇気はありますか?

8HcHfQJIXvkoUJE
gif_animation 巨乳になりたくて胸に入れたシリコン。でも、ただ入れればいいというわけじゃない…生涯続くメンテナンス、破裂や合併症のリスク。今回紹介するギャラリーは、とある「欠陥シリコン」を胸に入れられた女性の手術の様子。[14]images

- 2011年12月、フランスのポリ・アンプラン・プロテーズ(Poly Implant Prothese – PIP)社が製造した豊胸バッグが、体内で破れる恐れがあるとして、仏保健省は23日、使用者に対し、除去手術を受けるよう勧告した。対象はフランス国内だけで約3万人に上るとみられるが、同社の製品は日本を含む世界65カ国以上で販売され、使用者は40万人にのぼるとみられている。
- PIP社はシリコーン豊胸材生産で30年以上の歴史をもつ老舗で、世界3位の大手だったが、破裂するなどの事故例が多く報告され、医療用でない安価なマットレス用のシリコーンの使用が発覚したことなどから、2010年に倒産し清算手続き中だった。なおこれまでに同社製品での豊胸手術を受けた女性たちから2000件もの苦情申し立てが寄せられており、仏警察は同社への捜査を開始している。
-Wikipedia-「豊胸手術」(安全性に関する問題)より抜粋

そして今から紹介する女性もまた、そんな「PIP社」の被害者の1人。彼女の胸に入れられた「欠陥シリコン」を、より安全性の高いシリコンへと入れ替えていく。写真14枚(10、11、12、13は【閲覧注意】)
※ あえて写真(胸)には修正をしていません。
-Операция по замене некачественных грудных имплантантов PIP-
line_00

1. 手術の準備に取り掛かる外科医

1

2. 外科医によるマーキングが施されていく

2

3. マーキング終了

3

4. 胸に埋め込むシリコンを古いものから新しいものへ - 手術が始まる

4

5. 女性に全身麻酔を施す

5

6. 手術を担当する外科医たち

6

7. 消毒

7

8. 準備は整った

8

9. 古いシリコンを取り出す

9



そして…



















10. 新しいシリコンを埋め込む

10

11. 拡大

10_1

12. 縫合

11

13. 拡大

11_1

14. 無事終了。取り出された「欠陥シリコン」

12


↓-Wikipedia-「豊胸手術」(バッグ挿入法)より抜粋
- 体の一部を切開し、シリコン製のバッグを胸に埋め込む。
経年劣化し永久的に使えるものでは無い為、追加手術が生涯必要になる。破裂やその他の合併症、美容上の問題によるリスクもあるが、より大きなバストを望めるなどのメリットもある。

… 豊胸をしている女性たちにもそれなりの覚悟があるようです。


コメント一覧

  1. 名無しさん March 27, 2012 09:22 返信

    でかい偽物より小さい本物のほうが良い

  2. 名無しさん April 22, 2012 17:30 返信

    そのとおり。

  3. 名無しさん July 13, 2012 22:04 返信

    へー、アメリカの女ってかなり偽乳多いけど
    あれって定期的に再手術とか必要なんだ。知らんかった
    俺はシリコンおっぱいのくっきりした張りのある乳は実は嫌いじゃない

※ コメントに返信機能を付けました。各コメントのリンクから返信できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。